トラジャ JR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉

話題の新刊

2019/11/22 17:11

 JR東日本社員の約8割にあたる4万7千人の組合員数を誇示していたJR東労組から、1月までに3万5千人の大量脱退者が出た。新左翼セクト・革マル派のナンバー2といわれ、同労組会長として「影の社長」ともいわれた松崎明の没後、「世界最強」を謳った労組の瓦解を追うルポ。

あわせて読みたい

  • 「絶対に書いてやる」記者が執念であぶり出す、JR各社のいびつな労使関係とは

    「絶対に書いてやる」記者が執念であぶり出す、JR各社のいびつな労使関係とは

    AERA

    2/10

    暴君 新左翼・松崎明に支配されたJR秘史

    暴君 新左翼・松崎明に支配されたJR秘史

    週刊朝日

    7/12

  • 自殺したJR北の社長 遺書に書かれた意味深な言葉

    自殺したJR北の社長 遺書に書かれた意味深な言葉

    AERA

    10/14

    まだいたのか… 安保反対運動に「中核派、革マル派」の姿

    まだいたのか… 安保反対運動に「中核派、革マル派」の姿

    AERA

    12/9

  • 国鉄の解体はリストラの原点だ

    国鉄の解体はリストラの原点だ

    AERA

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す