書評『ドラマへの遺言』倉本 聰・碓井広義著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ドラマへの遺言 倉本 聰・碓井広義著

このエントリーをはてなブックマークに追加
金田千里書評#話題の新刊

ドラマへの遺言 (新潮新書)

倉本 聰,碓井 広義

978-4106108020
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

「前略おふくろ様」「勝海舟」「北の国から」シリーズなど、人気ドラマのシナリオを書いた倉本聰が、脚本家人生を元テレビプロデューサーに語る。

 戯曲が好きで、中学2年で小説を書いた早熟な少年時代。ラジオドラマや映画の台本を必死で書いていた駆け出しの頃。東京を離れ、単身渡った北海道での孤独で貧しい生活が「北の国から」誕生につながったという創作秘話も興味深い。現在放送中のドラマ「やすらぎの刻~道」は、テレビ業界で活躍した人が集まる高齢者施設が舞台で、前作「やすらぎの郷」の脚本を書くきっかけは大原麗子の孤独死だった。

 八千草薫、高倉健、浅丘ルリ子、中井貴一といった出演者とのエピソードもいい。「“これが最後”という覚悟がいい仕事を生む」などの言葉が、若い世代にものづくりの心を伝えている。(金田千里)

週刊朝日  2019年5月17日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい