アナログ

ベストセラー解読

2017/10/26 10:30

 ビートたけしが初めて書いた純愛小説『アナログ』には、古希を迎えた彼がいま理想とする恋愛観や女性観がつまっている。小説は時に作者の心情を白日の下にさらしてしまうのだが、この作品はまさにその典型だ。

あわせて読みたい

  • 推し、燃ゆ

    推し、燃ゆ

    週刊朝日

    2/12

    『愛の流刑地』に「中学生男子が読んで困る」と苦情も渡辺淳一さんが喜んだワケ

    『愛の流刑地』に「中学生男子が読んで困る」と苦情も渡辺淳一さんが喜んだワケ

    週刊朝日

    2/26

  • 村上春樹のラジオ第4弾、「アナログでしか聴けない」音楽をゆるりとお届け&恋愛相談も募集

    村上春樹のラジオ第4弾、「アナログでしか聴けない」音楽をゆるりとお届け&恋愛相談も募集

    Billboard JAPAN

    1/9

    “理想郷”はすぐそこまで来ている  新作『オーギュメント・アルカディア』を完成させた東出祐一郎さんに聞く

    “理想郷”はすぐそこまで来ている  新作『オーギュメント・アルカディア』を完成させた東出祐一郎さんに聞く

    dot.

    3/8

  • 巨人・片岡コーチと熱愛中のベッキーを後押ししたカンニング竹山の意外な特技とは?
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    巨人・片岡コーチと熱愛中のベッキーを後押ししたカンニング竹山の意外な特技とは?

    dot.

    7/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す