書評『ほとんど見えない』マーク・ストランド著/森邦夫訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ほとんど見えない マーク・ストランド著/森邦夫訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
後藤明日香書評#話題の新刊

ほとんど見えない

マーク・ストランド著/森邦夫訳

978-4896293340
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

「アメリカ桂冠詩人」の称号を与えられた著者による散文集。収められている47篇のほとんどが1ページに満たない短い作品だ。だが、ある夫婦の会話やイメージの描写、著者自身の独白のような文章など、一つひとつに短編小説のような内容が凝縮されている。

 少しずつ行ったり来たりしながら読み進めると、その時々で良いと感じる部分が異なってくる。まるで読み手の状態に合わせて形を変えるかのようだ。人生を通してそばに置いたら、どれだけの読みができるのだろう。

 2014年に80歳で亡くなった著者の最後の作品集。タイトルの「ほとんど見えない」は、言い換えれば「わずかに見える」ということ。人生の最期に、わずかに見えたものとは。本書とともに歳を重ね、その景色を見てみたい。

週刊朝日  2017年9月22日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい