書評『東京の編集者 山高登さんに話を聞く』山高登著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

東京の編集者 山高登さんに話を聞く 山高登著

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理書評#話題の新刊

 新潮社の元文芸編集者で、木版画家でもある山高登。二つの人生を歩んだ氏が、その半生を語った書だ。

 戦時中に山本有三に出会った山高氏は昭和22年、彼が創刊した児童雑誌の編集者として新潮社に入社。吉屋信子、谷内六郎、内田百聞など、戦後を代表する作家たちの担当を務めた。在籍中、同僚から装丁の相談を受けたことをきっかけに、版画家としても活動を開始。当時は担当した本の装丁を自身で手がけていたという。その名は次第に認知されるようになってゆき、社外からの依頼が増加。昭和53年、同社を退職し専業版画作家となった。

 編集者時代は、「昔ながらの美しい本をずっと作りたいと思っていた」という山高氏。本の随所に挿入された写真や版画作品からは、言葉に違わない氏の一貫した創作姿勢が伝わる。

週刊朝日  2017年9月1日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい