死してなお踊れ 一遍上人伝

話題の新刊

2017/03/02 18:53

 名家の生まれながら、全てを投げ捨て、「踊り念仏」で民衆を救おうとした一遍上人の評伝。著者は大杉栄などアナキストを近作で描いてきたため、鎌倉時代の宗教家を取り上げるのには違和感を抱いたが、一遍こそ元祖アナキストというのが著者の持論だ。支配されることを嫌い、やりたくないことを拒否し、何も欲しない。開宗も望まない。とはいえ、民衆は欲にまみれた現世からどうすれば自由になれるのか。一遍の答えはシンプルだ。空っぽになればよい。全部捨てて踊り狂えばいい。アナーキズムの視点で一遍の人生を辿ることで、存在を急に近く感じることができる。

あわせて読みたい

  • 僧侶の歌

    僧侶の歌

    11/21

    踊っているけど音は無し…「無音盆踊り」の孤独と連帯感

    踊っているけど音は無し…「無音盆踊り」の孤独と連帯感

    AERA

    9/7

  • 村に火をつけ、白痴になれ

    村に火をつけ、白痴になれ

    週刊朝日

    4/28

    「さらば、お金に縛られた生き方」 エッセイ『執念深い貧乏性』の魅力

    「さらば、お金に縛られた生き方」 エッセイ『執念深い貧乏性』の魅力

    週刊朝日

    6/8

  • ドン小西「佳子さまファッションはステキ、もっとよくなるには…」

    ドン小西「佳子さまファッションはステキ、もっとよくなるには…」

    週刊朝日

    11/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す