書評『幼年の色、人生の色』長田弘著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

幼年の色、人生の色 長田弘著

このエントリーをはてなブックマークに追加
西條博子書評#話題の新刊

 2年前に75歳で永眠した詩人が、みずから晩年に編んだ自選エッセイ集。
冒頭に表題作が置かれる。過ぎゆく時間は感情を消し去るが、自分を包んでいた時間の色合いは、時とともに自身の人生の色として鮮やかによみがえるものだ。

 ひたすら風景に会いにゆく、旅をすることが目的であるような旅の記憶が爽快だ。20年余りをかけて、一つの州を残し、レンタカーで北米大陸の全ての州を走った。広大な空と一本道の、無辺の広がりのなかで、微小な自分がどこまでも透きとおってゆく感覚が新しい。

 電車で音楽しか聴かなかった著者は、一時期ヘッドホンで落語を聴いていた。一人笑いを避け、繰り返し聴いても飽きず、何度聴いても笑えない5時間の怪談を聴き継いだとか。静かな日々の表情が柔らかく、温かい。

週刊朝日 2017年2月10日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい