書評『海と山のピアノ』いしいしんじ著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

海と山のピアノ いしいしんじ著

このエントリーをはてなブックマークに追加
後藤明日香書評#話題の新刊

海と山のピアノ

いしいしんじ著

978-4104363049
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 河合隼雄賞受賞後、1作目となる短編集。読了後、収められた九つの物語それぞれが頭の中で溶けあい、本を読んでいたというより、口伝えの民話を聞いていたような心地にさせられた。
 舞台や登場人物は、1話ごとに異なる。共通するのは、水の存在だ。たとえば表題作「海と山のピアノ」では、海からピアノとともに流れついた少女が町に変化をもたらす。「ルル」では、「あの日」以来、心に大きな傷を負った子どもたちが登場する。そうとは明言しないが、震災が下敷きになっていることを読者に想像させる。「海賊のうた」「野島沖」では、海と主人公との間の命のやりとりが印象的だ。海が命をうばい、命をはぐくむ。その事実を描くことは以前より難しくなったのではないか。本書はそれを正面から扱った意欲作である。

週刊朝日 2016年9月23日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい