いい子に育てると犯罪者になります

話題の新刊

2016/06/02 11:30

「しっかりしなさい」「弱音をはいてはいけません」。幼少期のこうした「しつけ」が子供を苦しめる場合があると本書は語る。学校教育や刑務所の矯正教育に携わった著者の子育て論は我々の常識をひっくり返す。
 例えば、我慢強い子供は決して手放しで褒められないという。しつけは必要だが、子供への抑圧を必ず伴う。過度の我慢を強いれば、一人で悩みをかかえこむことにつながりかねない。
 自分の考えを他者に明確に伝え、甘えて助けてもらう姿こそ、子供の理想ではないかと著者は提唱する。
 とはいえ、それは子供以前に、口下手、甘え下手な日本人の多くにとって難しいのが現実だ。大人が凝り固まった価値観を捨て、大人らしさ、男らしさから解放されることこそが子育ての一歩であるとの著者の指摘はもっともだ。

週刊朝日 2016年6月10日号

いい子に育てると犯罪者になります

岡本茂樹著

amazon
いい子に育てると犯罪者になります

あわせて読みたい

  • 誰もがなる可能性がある「産後うつ」 専門家が

    誰もがなる可能性がある「産後うつ」 専門家が"意外な予防策"をアドバイス

    BOOKSTAND

    2/7

    北欧が世界一教育水準が高い理由とは

    北欧が世界一教育水準が高い理由とは

    BOOKSTAND

    11/24

  • 【のびのび子育て】 ママの毎日が楽になるやわらかい子育て

    【のびのび子育て】 ママの毎日が楽になるやわらかい子育て

    5/8

    祖父母は親ではないから 尾木ママらが説く正しい“孫育”

    祖父母は親ではないから 尾木ママらが説く正しい“孫育”

    週刊朝日

    12/22

  • 「はじめてのおつかい」もNG? “しつけと虐待”の線引き、海外を見習うべきか

    「はじめてのおつかい」もNG? “しつけと虐待”の線引き、海外を見習うべきか

    dot.

    6/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す