書評『“ひとり出版社”という働きかた』西山雅子編 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

“ひとり出版社”という働きかた 西山雅子編

このエントリーをはてなブックマークに追加
内山菜生子書評#話題の新刊

 ひとりで出版社を立ち上げて営んでいる男女10人へのインタビュー集だ。次々に新刊を刷り、大量生産、大量消費によって経営を維持している通常の出版会社とは異なり、彼ら彼女らは一冊をじっくり編んで売っている。なぜ、出版不況が叫ばれるいま、この選択をしたのか。
 登場する10人は、最初から起業を志したわけではなく、働きかたを模索する中で自然とひとり出版社に落ち着いた。テレビ局記者だった女性は、子育てと両立できる仕事として絵本の出版を選んだ。自分が出したい本を作りたかったという元編集者、地方出版の新しい形をめざしている元文化人類学研究者、10年後を見据えながら本を作っている元広告マン。
“小商い”を続ける心許なさは共通してあり、副業を持っている人もいる。しかし、彼らが無謀な生き方をしているようには見えない。それは、「自分らしい働き方」を模索しながら、個性豊かに生きているからだろう。そして何より、私がひとり出版社の本を手に取ったことが何度もあり、それらが例外なく丁寧に作られ、魅力的だからだ。

週刊朝日 2015年11月13日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい