大人のADHD もっとも身近な発達障害

話題の新刊

2015/09/17 11:30

 発達障害の中のADHD(注意欠如多動性障害)に焦点を当て、症状はどんなものか、どんな治療があるのかを専門医が解説する。ADHDは従来、子どもの病気だと見られ、成人の発達障害ではアスペルガー症候群が有名だった。だが、近年はADHDの患者のほうがはるかに多く、成人の約3%にのぼるとされる。
 その症状は、過度におしゃべりをする、内的な落ち着きのなさ(多動症状)▽いらいらしがち、衝動的な行動や判断が多い(衝動性症状)▽注意の持続が困難、先延ばしにする(不注意症状)などだが、症状の個人差は大きい。そのため、うつ病やASD(自閉症スペクトラム障害)との混同も多いという。
 著者は従来の精神疾患と異なり、むしろ「特質」と言った方がいいと指摘。ADHDの人は「社会の中で輝くことのできるさまざまな『能力』や『素質』を兼ね備えている」「ためらわずに決断し突進を繰り返すのであるが、その過剰な試みは、新しい活路を切り開く契機になる」と説く。社会はどう対応したらいいのか。他人事ではすまされないことを認識させられる。

週刊朝日 2015年9月25日号

大人のADHD もっとも身近な発達障害

岩波明著

amazon
大人のADHD  もっとも身近な発達障害

あわせて読みたい

  • 「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    週刊朝日

    11/14

    スマホ依存と発達障害の関連性を考える

    スマホ依存と発達障害の関連性を考える

    dot.

    1/21

  • 大人になってから問題化する「ADHD」は軽症なの? 精神科医が考える早期介入の重要性
    筆者の顔写真

    大石賢吾

    大人になってから問題化する「ADHD」は軽症なの? 精神科医が考える早期介入の重要性

    dot.

    12/5

    もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    BOOKSTAND

    3/30

  • 龍馬はADHDだった!?日本大学早川智教授が推測

    龍馬はADHDだった!?日本大学早川智教授が推測

    AERA

    6/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す