書評『自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント』松本俊彦著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント 松本俊彦著

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山春書評#話題の新刊

 著者は子ども・若者の自傷や依存症治療の第一人者の精神科医で、本書で「自傷の本質は『人に助けを求めたり、相談したりしても無駄だ。人はあてにならないし、必ず私を裏切る。でも、自傷は決して私を裏切らない』という考え方にある」と書く。自傷はその人が弱いからではなく、「自分に厳しくて、根性がある」から起きる、と一般常識を覆す。
 本書で示される回復法はとても具体的だ。自傷日誌をつけ、出来事と自傷の関係を分析する。自傷したくなったときには香水を嗅ぐ、氷を握るなど刺激の置換を行う。信頼できる人に話してみる。頑張りすぎない。苦手な人にも思いを伝えてみる。それでも自傷してしまっても、焦らない。さらに、精神科医の選び方。医師仲間が多く、臨床心理士や精神保健福祉士と協力している方がいい。驚嘆すべき技術を持つ稀有な医師ではなくて、常識と誠意を持つ普通の人がいいとも。
 著者の「人生において最も悲惨なのは、ひどい目に遭うことではなくて、一人で苦しむことだ」という言葉は、自傷を超えて普遍的だ。

週刊朝日 2015年4月10日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい