パスティス

話題の新刊

2015/02/05 12:50

 田山花袋『蒲団』をもとにした小説『FUTON』でデビューを飾った直木賞作家による渾身のパロディ小説集。「飲むマリファナ」ともいわれるお酒アブサンが禁じられ、その代用品として作られた「パスティス」。語源を辿れば「ごたまぜ」という意味がある。
 そんなタイトルを持つ本書には「桃太郎」、夏目漱石「夢十夜」、芥川龍之介「寒山拾得」、太宰治「富嶽百景」をはじめ、アンデルセン「裸の王様」、ケストナー「動物会議」など、古今東西の名作が著者の目線により新しく書き直されている。中には、森鴎外「舞姫」のモデルとなったエリーゼのインタビューや、1953年に初演されたベケットの戯曲「ゴドーを待ちながら」を、1935年に亡くなった坪内逍遥が翻訳をしたという突飛な設定もあるなど、あらゆる作品をユーモアに変える中島京子のすごさがうかがえる。
 時にはいじめ自殺や放射性物質、「女は産む機械」発言などの社会問題が巧みに織り交ぜられていて、単なる「代用品」としてのパロディに終わらない作者のオリジナルな魅力に富む一冊となっている。

週刊朝日 2015年2月13日号

パスティス:大人のアリスと三月兎のお茶会

中島京子著

amazon
パスティス:大人のアリスと三月兎のお茶会

あわせて読みたい

  • 彼女に関する十二章

    彼女に関する十二章

    週刊朝日

    5/12

    横尾忠則「絵画は行為そのものが肉体的 三島由紀夫のように強調する必要はない」
    筆者の顔写真

    横尾忠則

    横尾忠則「絵画は行為そのものが肉体的 三島由紀夫のように強調する必要はない」

    週刊朝日

    1/22

  • 関東大震災直後の坪内逍遥 「文化を中央に集中させてはいけない」

    関東大震災直後の坪内逍遥 「文化を中央に集中させてはいけない」

    週刊朝日

    2/16

    瀬戸内寂聴「涙」の実感…老いで仕事が出来なくなる日「ついに、来た!」

    瀬戸内寂聴「涙」の実感…老いで仕事が出来なくなる日「ついに、来た!」

    週刊朝日

    3/18

  • 永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    週刊朝日

    10/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す