書評『ヅカメン! お父ちゃんたちの宝塚』宮津大蔵著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ヅカメン! お父ちゃんたちの宝塚 宮津大蔵著

このエントリーをはてなブックマークに追加
谷本束書評#話題の新刊

 タカラヅカといえば、金髪リーゼントにつけまつ毛バッサーの凛々しい男役というアレだ。そんなものにまるで興味がなかったのに、突然タカラジェンヌのリストラ役を申し渡された本社の社員、娘が宝塚に入りたいと言い出して慌てふためく父親。女ばかりの劇団を陰から支える男たち、“ヅカメン”の知られざる奮闘を描く六つの連作短編集である。
「月の番人」の主人公は阪急電車で鉄道ひとすじだった元駅長。退職後、「お父ちゃん」とよばれる生徒監(タカラジェンヌの世話役)を頼まれる。渋々始めたものの、生徒の芸名・本名・ニックネームとメイク顔・素顔を全部一致させるのに一苦労。ため息をつけば「幸せの妖精が死ぬからついちゃダメ」とたしなめられる。幸せの妖精って何なんだ!と絶句。
「女だけの劇団なんて」と敬遠していた男たちだが、清く正しく美しく、常に上を目指す彼女らの熱意とプロ根性を目の当たりにして、宝塚への愛と仕事への情熱に目覚め始める。
 歌劇団の仕組みや挨拶やらなんやらの宝塚独特のルールなど、舞台の外の宝塚世界もつぶさに描かれ、まことに興味深い。

週刊朝日 2014年5月30日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい