書評『昭和の犬』姫野カオルコ著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

昭和の犬 姫野カオルコ著

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子#話題の新刊

昭和の犬

姫野カオルコ著

978-4344024465
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 昭和33年生まれの柏木イク。嬰児の頃からさまざまな人に預けられて育ち、5歳から実の両親と暮らし始める。シベリア抑留経験者の父は癇癪持ちで、そんな父との結婚に失望している母は、娘に愛情を注ぐことがなかった。イクは滋賀から東京の大学に進学し、卒業後は庶務の仕事に就く。恋にも無縁なまま、東京と滋賀を往復する遠距離介護。やがて自らも病を患い、49歳になっていた。
 激動の昭和を生きた女性の奮闘記や、犬との友情物語を期待すると、肩すかしを喰らう。イクの傍らにはいつも犬がいた。雑種の犬、近所の姉妹が飼っていたコリー、大家がかわいがっていた小型犬。平凡な人生の時々に、犬との関わりがあった。ただそれだけだ。表紙の犬が遠くからこちらを見ているように、本書も遠景からイクの人生を掴み、淡々と語る。
 「犬が笑うとこを、一回、見てみたいもんやね」とイク。分かりやすい幸せはなくとも、犬との交流や、その時の心の安らぎがイクを包み込んできた。読了後にようやく、地味でも滋味深い人生の温もりが伝わってくる。イクは確かに犬の笑顔を見ていた。

週刊朝日 2013年12月20日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい