書評『ヒーローを待っていても世界は変わらない』湯浅誠著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ヒーローを待っていても世界は変わらない 湯浅誠著

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理#話題の新刊

 貧困問題に取り組み続ける著者による「民主主義」論である。国内の民主主義が現在抱える「ねじれ」を指摘し、視点の転換を促す。
 著者は近年の民意の特徴に「ヒーロー探し」をあげる。主権者が自分たちで問題を調整し、合意形成する民主主義のスタイルは現実的に面倒くさい。ゆえに、人々に代わり悪を懲らしめる切り込み隊長=ヒーローが待望される。しかし、万人が合意する判断はありえない以上ヒーロー探しは裏切りを前提とし、民主主義の空洞化を加速させるという二重のねじれを抱えている。現象の背景には格差・貧困の増大による人々の余裕の消失があるが、いま必要なのは人と人の関係を結び直す「場」を作り、「自分たちで決める」基盤を取り戻すこと。たとえば「足湯」や「炊き出し」などのボランティアはいずれも被支援者のニーズを聞き出し、共同体間の調整や合意形成をスムーズにするツールとなる。
 主張は一貫しているが、押しつけがましさは微塵も感じさせない。真摯に語りかける、著者の姿勢に心を打たれる。

週刊朝日 2012年10月19日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい