【実機レビュー】ニコン「Z 50」ZマウントのEVF付きAPS-Cミラーレス機 (2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【実機レビュー】ニコン「Z 50」ZマウントのEVF付きAPS-Cミラーレス機

このエントリーをはてなブックマークに追加
河田一規dot.#アサヒカメラ
【UHS-I対応のSDメモリーカードと新バッテリー】
23.5×15.7ミリのAPS-Cサイズ(DXフォーマット)、有効2088万画素のCMOSだ。基本的にはD500/D7500と同じセンサーだが、新たに位相差AF用画素が組み込まれている。Zマウントは内径が55ミリあるため、相対的に撮像素子は小さく見える。画像処理エンジンは最新のEXPEED 6(撮影/河田一規)

【UHS-I対応のSDメモリーカードと新バッテリー】 23.5×15.7ミリのAPS-Cサイズ(DXフォーマット)、有効2088万画素のCMOSだ。基本的にはD500/D7500と同じセンサーだが、新たに位相差AF用画素が組み込まれている。Zマウントは内径が55ミリあるため、相対的に撮像素子は小さく見える。画像処理エンジンは最新のEXPEED 6(撮影/河田一規)

 ニコンZ 50のボディーサイズはフルサイズのZ 6/Z 7に比べるとかなり小さいが、他社の同クラスのEVF付きAPS-Cミラーレス機と比べると決して小さくはなく、むしろ大きめである。とはいえ、一眼レフと比べればけっこう小さい。さすがに同社最エントリークラスのD3500と比べると重さは約35グラムZ 50のほうが重いけれどボディーサイズ、特に厚みはD3500よりも圧倒的に薄く、ミラーレス化の恩恵を感じられる。またレンズも広角から標準域であれば一眼レフ用より小型で、特に全長が短く済むのが魅力だ。
【UHS-I対応のSDメモリーカードと新バッテリー】
記録メディアはSDメモリーカードだが、UHS-IIではなくUHS-Iまでの対応。バッテリーは完全に新規のEN-EL25で、撮影可能枚数はEVF使用時で約280枚、液晶モニター使用時は約320枚。カードスロットはバッテリー室と共用のタイプだ(撮影/河田一規)

【UHS-I対応のSDメモリーカードと新バッテリー】 記録メディアはSDメモリーカードだが、UHS-IIではなくUHS-Iまでの対応。バッテリーは完全に新規のEN-EL25で、撮影可能枚数はEVF使用時で約280枚、液晶モニター使用時は約320枚。カードスロットはバッテリー室と共用のタイプだ(撮影/河田一規)

 操作性的にはこれまでのニコンのカメラに比べてかなり積極的にタッチ操作を取り入れてきた印象で、そのぶん物理ボタンの数は少なくなっている。液晶モニター右サイドには画面の拡大縮小を行うプラスキー/マイナスキー、そしてDISPが常時表示されていて、いずれもタッチで操作する。電子水準器表示やヒストグラム表示もこのDISP表示をタッチすることで切り替える仕組み。タッチ操作によるAF位置指定や、タッチシャッターももちろん可能である。

 iメニュー(いわゆるクイックメニュー)を表示させる「i」ボタンは液晶モニター上のタッチスイッチと物理ボタンの両方を備えているが、物理ボタンのほうはEVFをのぞいたままiメニューを操作したいときに便利だ。
写真は左からZ 6+NIKKOR Z 
24-70mm f/4 S、Z 50
+NIKKOR Z DX 16-50mm
f/3.5-6.3 VR、D 3500+ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR。同じミラーレスでもフルサイズでなおかつボディー内手ブレ補正機構を備えるZ 6に比べるとZ 50はかなり小さく、約225グラムも軽い。一眼レフのD3500と比べると重さこそ約35グラムZ 50のほうが重いものの、大きさの違いは明らか。今回それぞれに取り付けた標準ズームレンズはいずれも沈胴式だが、Z 50に装着した新しいAPS-C用のズームレンズの小ささは劇的だ(撮影/河田一規)

写真は左からZ 6+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、Z 50 +NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、D 3500+ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR。同じミラーレスでもフルサイズでなおかつボディー内手ブレ補正機構を備えるZ 6に比べるとZ 50はかなり小さく、約225グラムも軽い。一眼レフのD3500と比べると重さこそ約35グラムZ 50のほうが重いものの、大きさの違いは明らか。今回それぞれに取り付けた標準ズームレンズはいずれも沈胴式だが、Z 50に装着した新しいAPS-C用のズームレンズの小ささは劇的だ(撮影/河田一規)

■Z 50の主な仕様

【撮像素子】
有効2088万画素。23.5×15.7ミリCMOSセンサー。総画素数:2151万画素

【ファインダー】
0.39型電子ビューファインダー。約236万ドット、OLED。視野率:約100%、倍率:約1.02倍(50ミリ・∞・-1m-1)。アイポイント:接眼レンズ面中央から19.5ミリ(-1m-1)。視度調節範囲:-3~+3m-1

【背面モニター】
3.2型液晶。約104万ドット。タッチパネル、チルト式

【シャッター】
電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター。シャッター速度:1/4000~30秒。バルブ、タイム。ストロボ同調速度:1/200秒。電子先幕シャッター/電子シャッター可



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい