HIV治療薬が材料? 南アフリカW杯の開催地をむしばむ"最悪の麻薬"「ニャオペ」とは (1/6) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

HIV治療薬が材料? 南アフリカW杯の開催地をむしばむ"最悪の麻薬"「ニャオペ」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
小神野真弘dot.
「有名な物言いがある。これはマリファナ(Marijuana)じゃない。マリアージュ(Mariage、結婚)だ」

【画像】自警団のパトロールに同行 叫ぶ乱用者…

 笑いどころがいまいちわからない冗談を口にしながら、その男は乾燥大麻(マリファナ)を巻紙の上に敷いていく。手付きは実にこなれていた。やがてポケットから小袋を取り出し、巻紙の上の大麻にベージュ色の粉をふりかけ始める。

「これがニャオペだ。このあたりの奴らはみんなやってる。これは俺たちに『力』をくれる」
ニャオペ。一袋20~30ランド(約160~240円)ほどで売り買いされる。ウンガという別名もある。大麻とともに紙に巻いて吸引する方法が一般的だが、粉末を水に溶かし、静脈に注射をするケースもある(撮影/小神野真弘)

ニャオペ。一袋20~30ランド(約160~240円)ほどで売り買いされる。ウンガという別名もある。大麻とともに紙に巻いて吸引する方法が一般的だが、粉末を水に溶かし、静脈に注射をするケースもある(撮影/小神野真弘)


 ここは南アフリカ共和国最大の都市・ヨハネスブルク西部に位置する「ソウェト」というタウンシップ。タウンシップとは1994年まで続いた人種隔離政策「アパルトヘイト」時代に設置された旧黒人居住区だ。いまだ貧困率は高いものの、現在ではその大部分が活気ある住宅街になっている。2019年4月、往来の喧騒を離れたとある空き地で、記者はニャオペと呼ばれる違法薬物を乱用する人々を取材した。

 男は大麻とニャオペの混合物をタバコ状に巻きあげ、口にくわえて火を灯す。そして深々と煙を吸い込んだ。途端に瞳孔が針のように収縮し、続いて弛緩した表情が顔全体に広がっていく。「苦痛も不安も全て消える。これがなければ俺たちは生きられない」。紫煙をゆっくり吐き出しながら、男はそう言い添えた。
ニャオペを吸う男性。彼が語るにはニャオペの効果は3~4時間続く。起床から就寝まで1日に4回ほど吸引するという(撮影/小神野真弘)

ニャオペを吸う男性。彼が語るにはニャオペの効果は3~4時間続く。起床から就寝まで1日に4回ほど吸引するという(撮影/小神野真弘)


 ニャオペは現在進行形で成長を続ける都市伝説のようなものだ。

<HIVの治療薬が主成分である>
<ヘロインやコカイン、LSD、メタンフェタミン(覚せい剤)などあらゆる違法薬物が混ざっている>
<類を見ない快感と幸福感を得ることができる>

 さまざまな噂が流布するが、南アフリカの行政・警察当局はその実態どころか乱用者の総数すら把握できていない。現地報道にその名が現れ始めたのは2010年頃だが、流行自体は2000年代中頃から始まっていたともいわれる。ほぼ南アフリカ固有の社会問題で、諸外国での認知度はかなり低い。日本ではテレビ番組「クレイジー・ジャーニー」の2019年6月5日放送分で取り上げられたが、これで初めてその名を聞いたという人も多いのではないだろうか。


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい