【胃がん】ピロリ菌感染がなくても発症する 「胃潰瘍かも」と受診し、胃がんが見つかるケースも

いい病院2023

2023/01/16 17:00

 からだを元気に保ち活動するために欠かすことのできないのが、毎日の食事。胃は、食べ物を一時的にためる、消化・分解する、一部の栄養を吸収する、少しずつ腸へ送るなどの役割を果たし、日々の生活を支えています。その大切な胃にがんができ手術を受けると、人によっては体重の減少が続き、活動が低下してしまうこともあります。胃がんになる人は、毎年10万人以上。50代以降の人、特に男性は注意する必要があります。本記事は、 2023年2月27日に発売予定の『手術数でわかる いい病院2023』で取材した医師の協力のもと作成し、お届けします。

あわせて読みたい

  • 【胃がん内視鏡治療】適応は年々拡大 3センチを超える病変でも治療可能なケースも

    【胃がん内視鏡治療】適応は年々拡大 3センチを超える病変でも治療可能なケースも

    dot.

    4/1

    早期胃がん5年生存率95%以上だからこその問題点とは?

    早期胃がん5年生存率95%以上だからこその問題点とは?

    dot.

    1/5

  • 【胃がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? おなかを切らずにがんを取れ切れる?

    【胃がん内視鏡治療】患者はどう治療法を選べばいい? おなかを切らずにがんを取れ切れる?

    dot.

    3/10

    【大腸がん内視鏡治療】その手術、本当に必要? 医師とよく確認を

    【大腸がん内視鏡治療】その手術、本当に必要? 医師とよく確認を

    dot.

    4/5

  • 胃がんになりやすい日本人が気をつけるべき習慣――がん研有明病院・山口俊晴病院長に聞く

    胃がんになりやすい日本人が気をつけるべき習慣――がん研有明病院・山口俊晴病院長に聞く

    ダイヤモンド・オンライン

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す