特例で名球会入りの上原浩治&藤川球児 浅尾拓也、田淵幸一、高橋慶彦…まだまだいる「特例候補者」たち

名球会

2022/12/27 06:30

 日米通算「100勝100セーブ100ホールド」の上原浩治氏(巨人ほか)と日米通算「245セーブ、164ホールド」の藤川球児氏(阪神ほか)の2人が特例で「名球会」入りすることになった。特例での名球会入りは初めてのことだが、古田敦也・名球会理事長は「大谷翔平君(エンゼルス)が100勝1000安打を達成したら価値がある」という旨のコメントを残している。そこで、ほかにも「特例候補」になりうるだろう選手を紹介する。

あわせて読みたい

  • 杉内、村田…“最強”松坂世代は名球会入りゼロの公算大

    杉内、村田…“最強”松坂世代は名球会入りゼロの公算大

    週刊朝日

    9/27

    坂本勇人の2000安打は確実! ほかにも来季達成されそうな記録はなんだ?

    坂本勇人の2000安打は確実! ほかにも来季達成されそうな記録はなんだ?

    dot.

    12/27

  • 岩瀬、新井、福留…奮闘する球界の凄すぎる“おじさん”に涙腺が緩む

    岩瀬、新井、福留…奮闘する球界の凄すぎる“おじさん”に涙腺が緩む

    dot.

    8/5

    活躍目立つ「佐々木朗希世代」 「松坂世代」「マー君世代」…過去最強の「世代」は?

    活躍目立つ「佐々木朗希世代」 「松坂世代」「マー君世代」…過去最強の「世代」は?

    dot.

    5/24

  • 中継ぎ投手の名球会入りは難しい? 上原投手は認められるのか
    筆者の顔写真

    東尾修

    中継ぎ投手の名球会入りは難しい? 上原投手は認められるのか

    週刊朝日

    8/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す