ハーバード卒業後に来日したパックンがもっとも驚いた「日本人の偏見」とは? 金融先進国アメリカとの大きな違い

お金

2022/11/21 08:00

「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パックンは「お金を育てる方法」を知っていたから、と語ります。最新刊『パックン式 お金の育て方』では、誰にでもマネできるお金との付き合い方を紹介しています。ハーバード卒業後、来日したパックンが驚いた「投資に対する日本人の偏見」とは? そして、投資への正しい向き合い方を解説。金融教育に遅れを取っている日本で投資に踏み出したいのに一歩が重い方向けのパックン式メソッドを、本書から一部を抜粋・再編して大公開します。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す