コロナ後遺症の治療法として注目されるEAT治療 医師「上咽頭の炎症からさまざまな症状に」

ウイズコロナ

2022/10/28 08:00

コロナ第7波では感染力が強いオミクロン株が主体となり、感染者数がそれまでとは桁違いに多くなったこともあって、療養期間が終わってウイルスが検出されなくなった後もさまざまな症状が続くコロナ後遺症を訴える人が急増している。そんな中、コロナ後遺症の治療法として、慢性上咽頭炎の治療法であるEAT(イート、上咽頭擦過療法:Epipharyngeal Abrasive Therapy) が注目されている。どのような治療なのか取材した。

あわせて読みたい

  • 長引く喉のイガイガ、鼻づまりは慢性上咽頭炎? 肩こり、頭痛、倦怠感の症状も

    長引く喉のイガイガ、鼻づまりは慢性上咽頭炎? 肩こり、頭痛、倦怠感の症状も

    dot.

    10/21

    うつに肩こり…原因は“鼻の奥”? 再評価される上咽頭治療「EAT」とは

    うつに肩こり…原因は“鼻の奥”? 再評価される上咽頭治療「EAT」とは

    週刊朝日

    8/31

  • 真っ黒な尿、じんましん…“のどの炎症”が原因も なぜ全身に影響?

    真っ黒な尿、じんましん…“のどの炎症”が原因も なぜ全身に影響?

    週刊朝日

    4/3

    オミクロン患者、頭のモヤ状態「ブレインフォグ」の症状も 思考力や集中力が低下

    オミクロン患者、頭のモヤ状態「ブレインフォグ」の症状も 思考力や集中力が低下

    AERA

    1/26

  • コロナ後遺症「重力に逆らえない」と倦怠感の人多数 医師「漢方治療で8~9割が改善」

    コロナ後遺症「重力に逆らえない」と倦怠感の人多数 医師「漢方治療で8~9割が改善」

    dot.

    10/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す