長期脳死の末、3年8カ月で亡くなった兄 11歳で「ヤングケアラー」になった女性が語った“無力化”という自己喪失

書籍

2022/10/09 16:00

 ここ数年、家族をケアする子ども、「ヤングケアラー」がメディアで頻繁に報じられるようになった。しかし、言葉そのものが独り歩きするかのように、身体的な介護や家事労働に時間を取られ、学校に通えない子どもといったイメージが固定化しがちではないだろうか。実際には、そのどちらもしていないケースもあれば、鬱病や薬物依存の親をケアしている子どももいる。

あわせて読みたい

  • 9月号大阪大学人間科学研究科教授 村上靖彦 Murakami Yasuhiko「なんで私、こんな苦しいんやろう」――ヤングケアラーの語りから見えるもの

    9月号大阪大学人間科学研究科教授 村上靖彦 Murakami Yasuhiko「なんで私、こんな苦しいんやろう」――ヤングケアラーの語りから見えるもの

    9/2

    倉木麻衣さんの父親死去から1カ月 看取った女性に生前、語った20年間の親子断絶と愛情

    倉木麻衣さんの父親死去から1カ月 看取った女性に生前、語った20年間の親子断絶と愛情

    週刊朝日

    5/6

  • ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    dot.

    8/1

    孤立を深めるヤングケアラー 祖父の介護を担う女子高生「友だちに話したことがない」

    孤立を深めるヤングケアラー 祖父の介護を担う女子高生「友だちに話したことがない」

    AERA

    9/15

  •  「誰も書いていないことを書きたい」 声なき子供たちを描いた小説『キッズ・アー・オールライト』

    「誰も書いていないことを書きたい」 声なき子供たちを描いた小説『キッズ・アー・オールライト』

    dot.

    9/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す