大型契約の選手は 「お金」に見合った活躍しているか 近年“成功例”と呼べるのは

プロ野球

2022/09/02 18:00

 9月となりペナントレースもいよいよ佳境を迎えているが、そろそろ気になってくるのがストーブリーグの話題である。昨年はフリーエージェント(以下FA)で移籍した選手が又吉克樹だけと少し静かなオフとなったが、今年は森友哉、外崎修汰(いずれも西武)、中村奨吾(ロッテ)、西川龍馬(広島)などがシーズン中に国内FA権を得ており、もし宣言すれば争奪戦となる可能性は高いだろう。

あわせて読みたい

  • “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    dot.

    3/7

    FA丸、浅村、西に大型契約提示…本当に“その価値”はあるのか?【西尾典文】

    FA丸、浅村、西に大型契約提示…本当に“その価値”はあるのか?【西尾典文】

    dot.

    11/19

  • “ドラフト下手”が目立つ球団も 過去5年の「ドラ1」成功度ランキング【セ・リーグ編】

    “ドラフト下手”が目立つ球団も 過去5年の「ドラ1」成功度ランキング【セ・リーグ編】

    dot.

    9/21

    “主力級”が最も多い球団は? 過去5年の「ドラ1」成功度ランキング【パ・リーグ編】

    “主力級”が最も多い球団は? 過去5年の「ドラ1」成功度ランキング【パ・リーグ編】

    dot.

    9/21

  • 1年目がピークの選手も多数…過去5年の新人王、しっかり戦力に定着したのは?

    1年目がピークの選手も多数…過去5年の新人王、しっかり戦力に定着したのは?

    dot.

    12/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す