エリートでも陥りやすい「アルコール依存」の現実 家庭崩壊の寸前で“減酒”治療にたどり着いた大手金融社員の告白

アルコール依存症

2022/08/01 07:00

「酒好きとアルコール依存症の距離はみなさんが思っているよりずっと近い」。これは依存症の治療に携わる専門医の言葉である。国内の依存症患者とその疑いがある人は約300万人と推計されているが、アルコール依存は自分はそうだと認めたがらない「否認の疾患」とも言われる。有名企業でバリバリ仕事をこなしていた「酒好き」のエリート男性は、まさにそんな一人で、ある出来事をきっかけに依存状態に陥り、家庭が崩壊しかけた。単なる「酒好き」はどうやって依存症に陥っていくのか、男性が取り組んでいる「減酒治療」の現状と共に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「減酒外来」で処方された減酒薬 依存症との診断も「断酒は無理」の記者に効くのか?

    「減酒外来」で処方された減酒薬 依存症との診断も「断酒は無理」の記者に効くのか?

    dot.

    6/25

    “不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を

    “不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を

    AERA

    7/11

  • 吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    週刊朝日

    11/30

    深夜まで飲んで仕事にも影響…酒依存に悩む記者が「減酒外来」受診でわかった意外な事実

    深夜まで飲んで仕事にも影響…酒依存に悩む記者が「減酒外来」受診でわかった意外な事実

    dot.

    6/25

  • 在宅勤務で大量飲酒は「アルコール依存症」の入り口 「ストロング系」はリスク大

    在宅勤務で大量飲酒は「アルコール依存症」の入り口 「ストロング系」はリスク大

    AERA

    7/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す