“ダイエット食品”の落とし穴 気を付けたい食品3選、低糖質スイーツとあと2つは?

早稲田院卒パーソナルトレーナーが教える「一生続けられるダイエット術」

YouTuber

2022/07/24 08:00

写真はイメージ(GettyImages)
写真はイメージ(GettyImages)

 食料品店やECサイトには、さまざまなダイエット食品が並んでいます。「低カロリー」「糖質オフ」といった表現にひかれて、あれもこれもと手を伸ばしがちですが、正しい知識を持っていないと「実はダイエットには不向きなもの」を選んでしまうことも。早稲田大学大学院で運動生理学を学び、「ダイエットコーチ計太」としてYouTubeでも活躍するパーソナルトレーナー・計太さんが、ダイエットに取り入れる際に気をつけたい三つの食品についてお伝えします。

【教えてくれたのは】早稲田院卒ダイエットコーチの計太さんはこちら

* * *

 健康やダイエットに関する情報を、誰もが手軽に得られるようになり、食品売り場はたくさんのダイエット食品であふれています。ダイエット食品市場も拡大していて、毎年さまざまな商品が発売され、“ヒット商品”も生まれています。ところで皆さんは、数ある候補の中から、何を基準にして商品を選んでいますか?

 パッケージに書かれているキャッチコピーを見ると、どれも「ダイエットに効果がありそう」「健康にも良さそう」だと感じます。ただ、ダイエットプランは十人十色で、中には「すべての人には、おすすめできない」「少し注意が必要かも」と思うものも紛れています。原材料や含まれる栄養素の種類・分量を確認し、総合的に判断しなければ期待するダイエット効果が得られないばかりか、かえって逆効果になってしまいかねません。そこで今回は、取り入れ方によっては実はダイエット向きじゃない【注意したい食品三つ】紹介します。

■【注意したい食品1】低糖質スイーツ

 糖質を制限するダイエット法が流行したことで、急増したのが「低糖質○○」というカテゴリーです。なかでも低糖質スイーツは人気のジャンルですが、糖質が抑えられている一方で「脂質がどれくらい含まれているかどうか」は見落とされがちです。実際に成分表をよく見ると、脂質を多く含んでいる商品が少なくありません。「糖質が少ないからダイエットにピッタリ」と誤解して食べすぎるのは避けたいところです。

 そもそも糖質は健康を維持するために必要な栄養素で、ダイエットをしていても適量は摂取すべきものです。糖質と脂質のどちらを減らすべきかは個人によって異なりますが、重要なのはそのバランスです。

 それでも、これまでのダイエット指導経験を通じて、脂質のとりすぎが体重増加の要因になっている人が多いと感じるので、ダイエット食品として低糖質スイーツを選ぶ時には、脂質量に注目することをおすすめします。

NEXT

他にも意外な食品が「要注意」

1 2

あわせて読みたい

  • やせたいなら「脂質」をチェックしよう! 1日にベーコン何枚までならOK?
    筆者の顔写真

    計太

    やせたいなら「脂質」をチェックしよう! 1日にベーコン何枚までならOK?

    dot.

    9/18

    早大院卒ダイエットコーチが教える 本当に試す価値がある「置き換えダイエット」プラン5選
    筆者の顔写真

    計太

    早大院卒ダイエットコーチが教える 本当に試す価値がある「置き換えダイエット」プラン5選

    dot.

    10/30

  • 糖質制限は本当に危険なのか!?

    糖質制限は本当に危険なのか!?

    ダイヤモンド・オンライン

    3/7

    「筋トレ向け」など目的に合わせて選べるダイエット冷凍弁当 三ツ星シェフが作る豪華仕様も/人気の5コース30食を食べ比べ 後編

    「筋トレ向け」など目的に合わせて選べるダイエット冷凍弁当 三ツ星シェフが作る豪華仕様も/人気の5コース30食を食べ比べ 後編

    AERA

    9/29

  • 老けない! 砂糖と油の「上手な摂り方・選び方」

    老けない! 砂糖と油の「上手な摂り方・選び方」

    週刊朝日

    7/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す