「はやぶさ2プロジェクト」が9つの“世界初”実現を可能にしたマネジメントの秘密とは

書籍

2022/06/30 09:58

 2022年6月29日、小惑星「リュウグウ」から貴重なサンプル(試料)を持ち帰った「はやぶさ2プロジェクト」が正式に終了することが発表されました。今後は、「はやぶさ2拡張ミッション」という新しいプロジェクトに引き継がれます。6月以降、試料の分析結果が徐々に明らかになってきていますが、はやぶさ2はなぜ9つもの世界初を含む偉業の数々を成し遂げることができたのでしょうか。それらを可能にしたマネジメントの秘密の一端を、『はやぶさ2のプロジェクトマネジャーはなぜ「無駄」を大切にしたのか?』(津田雄一著)から一部を抜粋・加筆して解説します。

あわせて読みたい

  • 小惑星探査機「はやぶさ2」帰還へ(前編) 「最後の一歩」で新型コロナの試練

    小惑星探査機「はやぶさ2」帰還へ(前編) 「最後の一歩」で新型コロナの試練

    dot.

    12/5

    小惑星探査機「はやぶさ2」帰還へ(後編) コロナ禍のカプセル回収計画の全容

    小惑星探査機「はやぶさ2」帰還へ(後編) コロナ禍のカプセル回収計画の全容

    dot.

    12/5

  • 太陽系や生命の起源にせまる「玉手箱」が地球へ 「はやぶさ2」が持ち帰るもの

    太陽系や生命の起源にせまる「玉手箱」が地球へ 「はやぶさ2」が持ち帰るもの

    AERA

    2/4

    「世界一美しい射場」種子島で考えた惑星探査の未来(上)

    「世界一美しい射場」種子島で考えた惑星探査の未来(上)

    dot.

    1/5

  • 「チームメンバー全員が主役」と思わせることが成功の秘訣 はやぶさ2×Googleで解明

    「チームメンバー全員が主役」と思わせることが成功の秘訣 はやぶさ2×Googleで解明

    dot.

    4/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す