シラミで修学旅行は別室に… いまだに続く誤解と偏見 新薬開発が待ち望まれた理由

出産と子育て

2022/06/20 10:00

 プール開きを迎えるこの時期にチェックして見つかるケースも多いアタマジラミ。「現代の衛生環境ではうつらない」と油断していたら大間違いだ。国立感染症研究所によると、年間約83万世帯が感染しているとも推定され、決して過去の話ではない。それどころか、近年は耐性がつき従来の薬では駆除できないシラミも増えてきているという。専門家は「不潔だから感染するというのは誤解だと知ってほしい」と話す。

あわせて読みたい

  • 日本襲う「南京虫の2020年問題」 トランプ大統領のリゾートも白旗か

    日本襲う「南京虫の2020年問題」 トランプ大統領のリゾートも白旗か

    AERA

    11/9

    火の付いたようなかゆみの荒波が… 米国発「南京虫」被害が国内で急増中

    火の付いたようなかゆみの荒波が… 米国発「南京虫」被害が国内で急増中

    AERA

    11/8

  •  意外に知らない…人類をもっとも多く殺戮した「感染症」とは?

    意外に知らない…人類をもっとも多く殺戮した「感染症」とは?

    ダイヤモンド・オンライン

    5/12

    街路樹の葉がスカスカに…。アメリカシロヒトリの幼虫が大発生したら…。

    街路樹の葉がスカスカに…。アメリカシロヒトリの幼虫が大発生したら…。

    tenki.jp

    9/4

  • 70年ぶりの国内感染 デング熱はどうなる?

    70年ぶりの国内感染 デング熱はどうなる?

    週刊朝日

    9/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す