「スシロー」の問題広告に消費者庁が喝! 企業の“釣り広告”には客離れの逆効果も? 

おとり広告

2022/06/11 11:30

回転ずしチェーン最大手「スシロー」で、期間限定キャンペーンの商品が提供できない状態なのにテレビCMなどの宣伝を続けたのは景品表示法違反(おとり広告)に当たるとして、消費者庁が運営会社に再発防止を求める措置命令を出した。宣伝には「売切御免!」などと品切れを想起させる文句もあったが、そうした宣伝手法を含め、消費者庁が行政処分でくぎを刺した形だ。コンプライアンスに詳しい専門家は「企業の宣伝は派手になりがちだが、それに対する消費者の目がより厳しくなっている」と企業側の姿勢と消費者意識の乖離(かいり)を指摘する。

あわせて読みたい

  • 杉村太蔵氏に疑惑を直撃! 出演CM商品が「ダイエット効果なし」でまさかの行政処分

    杉村太蔵氏に疑惑を直撃! 出演CM商品が「ダイエット効果なし」でまさかの行政処分

    dot.

    4/16

    巧妙な“ネット広告”で被害急増 「お試し」にご用心!

    巧妙な“ネット広告”で被害急増 「お試し」にご用心!

    週刊朝日

    11/7

  • 審査甘い銀行カードローン、金融庁検査で徹底解明へ

    審査甘い銀行カードローン、金融庁検査で徹底解明へ

    AERA

    9/29

    知っているようで知らない、“宣伝”と“広告”の違い

    知っているようで知らない、“宣伝”と“広告”の違い

    tenki.jp

    3/10

  • 6年間で3倍の数に! 「企業内弁護士」がここまで急増する理由

    6年間で3倍の数に! 「企業内弁護士」がここまで急増する理由

    dot.

    9/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す