佐々木麟太郎に感じた“穴” 注目の高校生スラッガー3人、清宮ら過去の打者と比べると?

スラッガー

2022/03/26 18:00

 連日熱戦が続いている選抜高校野球だが、大会前から注目を集めていたのが佐々木麟太郎(花巻東)、真鍋慧(広陵)、佐倉侠史朗(九州国際大付)の2年生スラッガー3人だ。知名度と話題性では既に高校通算56本塁打に到達している佐々木が一歩リードしている印象を受けるが、真鍋、佐倉の2人も長距離砲としての素質は決して引けをとらない。昨年11月に行われた明治神宮大会でも3人揃ってホームランを放ち、中軸としての役割を見事に果たしている。今大会は佐々木が初戦で米田天翼(市和歌山)に4打数ノーヒット、2三振と完璧に抑え込まれているが、それでも豪快なフルスイングは迫力十分だった。

あわせて読みたい

  • 佐々木朗希のような“異次元”な成績 「野手」で期待できる現役&アマ選手を挙げるなら

    佐々木朗希のような“異次元”な成績 「野手」で期待できる現役&アマ選手を挙げるなら

    dot.

    5/12

    まさかの大不振…夏の甲子園、地方大会で“苦しんだ”未来のプロ野球選手たち

    まさかの大不振…夏の甲子園、地方大会で“苦しんだ”未来のプロ野球選手たち

    dot.

    7/25

  • 福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    dot.

    11/18

    イチロー、前田智徳… 天才たちが残した地方予選の“驚異的高打率”

    イチロー、前田智徳… 天才たちが残した地方予選の“驚異的高打率”

    dot.

    7/5

  • 中日・根尾らの世代も明暗 過去5年にプロ入りした「甲子園スター」の現在地

    中日・根尾らの世代も明暗 過去5年にプロ入りした「甲子園スター」の現在地

    dot.

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す