安倍元首相の支援で激戦の石川県知事選を制した馳浩氏の前途多難「地元で大きなしこり…」

石川県知事選

2022/03/14 18:15

馳浩氏(中央)の応援に駆けつけた小泉進次郎氏(左)とプロレスラーの棚橋弘至氏(右)
馳浩氏(中央)の応援に駆けつけた小泉進次郎氏(左)とプロレスラーの棚橋弘至氏(右)

 そんな中で姿を見せなかった人物がいる。馳氏の妻で、タレントの高見恭子氏だ。馳氏陣営の地方議員は打ち明ける。

「高見恭子さんは昔、馳氏の選挙に姿を見せていた。しかし、今回は馳氏の娘さんは応援にきたが、恭子さんはまったく姿をみせず。そりゃ、有名なタレントさんだから、奥さんが来てくれれば確実に票につながるが、陣営では恭子さんの名前を出すのは厳禁でした」

 今回の知事選では地元の県連は自主投票という対応だったが、県議の半数以上は、山田氏の支持にまわった。

「山田氏が演説で『自民党が、安倍派が石川県を支配下に置こうとしている』などと、えらく怒って話していた。それほど、自民党の締め付けが厳しかった。そういう上から目線のところが馳氏にもあり、知名度ほど票は伸びなかった。地元には大きなしこりが残った。馳氏も難しい県政運営を迫られるだろう」(地元の自民党県議)

 自民党の政務調査会の調査役を長く務めた政治評論家の田村重信さんはこう語る。

「安倍氏は何としても勝たなきゃいけないと、派閥をあげて戦った。自ら最前線で采配をふるっていた。この勝利で安倍派は鼻高々だ。しかし、山田氏も官僚としての実績もあり、信頼が厚く推した議員も結構、いた。派閥にヒビが入る危険性もある。しっかり束ねられるか、再度、安倍氏の会長としての手腕が試される」

(AERAdot.編集部 今西憲之)

1 2

あわせて読みたい

  • 保守分裂の石川県知事選で安倍元首相に「森喜朗、馳浩両氏に引導を渡してほしい」と地元から声

    保守分裂の石川県知事選で安倍元首相に「森喜朗、馳浩両氏に引導を渡してほしい」と地元から声

    dot.

    2/3

    安倍氏の「焦り」にじむ? 30年ぶりに安倍派復活 岸田首相は外相人事で「最大の牽制カード」

    安倍氏の「焦り」にじむ? 30年ぶりに安倍派復活 岸田首相は外相人事で「最大の牽制カード」

    AERA

    11/23

  • 自民党の「新権力」を制するのは誰だ 甘利氏「三日天下」で混迷

    自民党の「新権力」を制するのは誰だ 甘利氏「三日天下」で混迷

    週刊朝日

    11/10

    旧統一教会と安倍氏の闇 古賀茂明
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    旧統一教会と安倍氏の闇 古賀茂明

    週刊朝日

    8/9

  • アッキー「不出馬」で安倍派分裂がささやかれる後継争い 岸田首相は内閣改造で主導権握れるか

    アッキー「不出馬」で安倍派分裂がささやかれる後継争い 岸田首相は内閣改造で主導権握れるか

    dot.

    8/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す