富士山噴火、台風…江戸時代に起きた「天下大変」 2度のペリー来航に重なった巨大地震とは

歴史道

2022/03/05 09:00

 現代の日本は度重なる災害・疫病に襲われている。だが、江戸時代も多くの災厄に見舞われ、その都度、民衆はたくましく乗り越えた。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.10』では江戸時代の民衆を苦しめた「災害」を解説。富士山の宝永噴火から安政大地震まで、甚大な被害を及ぼした「天下大変」が江戸を襲った。医療・防災が今より乏しかった時代、凶変とともに生きた歴史をたどる。

あわせて読みたい

  • 「江戸の大火」約260年間で死者数16万人とも? 比類なき火災都市に、頼りは「火消」の破壊消防

    「江戸の大火」約260年間で死者数16万人とも? 比類なき火災都市に、頼りは「火消」の破壊消防

    dot.

    3/4

    熊本で再び震度6弱 首都直下型地震、南海トラフと迫りくる大地震  

    熊本で再び震度6弱 首都直下型地震、南海トラフと迫りくる大地震  

    週刊朝日

    1/4

  • 富士山の噴火想定で神奈川にも溶岩流の可能性 3時間後に火山灰で「首都機能マヒ」の根拠

    富士山の噴火想定で神奈川にも溶岩流の可能性 3時間後に火山灰で「首都機能マヒ」の根拠

    AERA

    6/6

    迫る南海トラフ巨大地震と富士山噴火 「密」環境で避難所パニックも

    迫る南海トラフ巨大地震と富士山噴火 「密」環境で避難所パニックも

    週刊朝日

    1/6

  • 富士山噴火「すでにスタンバイ状態」と京大名誉教授 南海トラフと連動する可能性

    富士山噴火「すでにスタンバイ状態」と京大名誉教授 南海トラフと連動する可能性

    dot.

    1/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す