デビュー20周年の伊坂幸太郎と雫井脩介 初対談で明かした20年にわたる知られざる親交

朝日新聞出版の本

2021/12/08 17:00

 伊坂幸太郎と雫井脩介は、「同期」だ。昨年、ともに作家生活20周年を迎えた。雫井は『霧をはらう』、伊坂は『ペッパーズ・ゴースト』、今年に入り、1年遅れの「20周年記念作品」と言える渾身の書き下ろし長編を発表した。実は、2人はデビュー以来、互いの作品を送り合い、全作を読んで感想を伝え合ってきたという。その知られざる親交と、20年書き続けてきた小説家としての「核」を、初対談で明かした。「小説トリッパー」21年冬季号掲載の初対談の一部を抜粋して先行紹介する。

あわせて読みたい

  • 楽天役員の子育て術 ベビーシッター6人で乗り切る?

    楽天役員の子育て術 ベビーシッター6人で乗り切る?

    週刊朝日

    11/25

    松坂桃李×北村匠海 二人が語るアニメ映画「HELLO WORLD」の魅力とは?

    松坂桃李×北村匠海 二人が語るアニメ映画「HELLO WORLD」の魅力とは?

    AERA

    9/16

  • 松坂慶子 公演チケット売り忘れ、直接新聞社に電話した過去

    松坂慶子 公演チケット売り忘れ、直接新聞社に電話した過去

    週刊朝日

    11/10

    古田新太、松坂桃李をとことん追い込む「何もせず、無表情で見ている人が一番怖い」

    古田新太、松坂桃李をとことん追い込む「何もせず、無表情で見ている人が一番怖い」

    AERA

    9/18

  • “エロすぎ”もOK? 松坂桃李、ネットニュースに言及

    “エロすぎ”もOK? 松坂桃李、ネットニュースに言及

    週刊朝日

    3/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す