「わいせつ教員対策新法」に専門家が抱く危機感 小児性加害者を「現場に戻してはいけない」

わいせつ教員対策新法

2021/11/19 08:01

「私とYちゃんはつき合っていました。恋人同士だったんです」。12歳の女子児童に性加害行為をして刑事罰を受けた、49歳の男性が発した言葉である。小児性愛障害者やそれに近い加害者にはこうした「認知のゆがみ」や「自己正当化」が見られ、教育現場などで子どもたちが犠牲になってきた。なぜ子どもへの加害行為を止められないのか。専門家に彼らの実態を聞いた。

あわせて読みたい

  • わいせつ教員「復帰するな」に署名5万筆、性欲満たすために教員になる者も……

    わいせつ教員「復帰するな」に署名5万筆、性欲満たすために教員になる者も……

    週刊朝日

    10/3

    わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    AERA

    10/29

  • 小6男児と性交渉した23歳美人シングルマザー 精神科医「治療は難しい」

    小6男児と性交渉した23歳美人シングルマザー 精神科医「治療は難しい」

    dot.

    9/6

    教師による「性暴力」はなぜ繰り返されるのか 朝日新聞記者が目の当たりにした“被害者たたき”の実態

    教師による「性暴力」はなぜ繰り返されるのか 朝日新聞記者が目の当たりにした“被害者たたき”の実態

    dot.

    4/25

  • 性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    AERA

    5/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す