ショパン・コンクール出場の名大医学部生が語る ピアニストと医師の「二兎を追う」理由とは?

ショパン・コンクール

2021/11/19 11:00

 世界3大音楽コンクールのひとつで、5年に一度開催される「ショパン国際ピアノコンクール」。先日行われた第18回大会では2人の日本人ピアニストが入賞したことは記憶に新しいだろう。世界各国500人以上の応募者から2度の審査を通過し、本大会に出場した日本人は14人。そのうちの1人、沢田蒼梧(さわだ・そうご)さんは、なんと現役の医学部生だ。学業とピアノをどのように両立させてきたのかを聞いた。

あわせて読みたい

  • ショパンコンクール優勝者チョ・ソンジンも出演、浜松国際ピアノアカデミー第20回開催記念コンサート

    ショパンコンクール優勝者チョ・ソンジンも出演、浜松国際ピアノアカデミー第20回開催記念コンサート

    Billboard JAPAN

    1/19

    “準備”からたった2年でショパンコンクールへ 開成→東大のピアニスト!

    “準備”からたった2年でショパンコンクールへ 開成→東大のピアニスト!

    週刊朝日

    1/7

  • ショパン国際ピアノ・コンクール優勝者、チョ・ソンジンの来日記者会見が開催

    ショパン国際ピアノ・コンクール優勝者、チョ・ソンジンの来日記者会見が開催

    Billboard JAPAN

    11/19

    第17回ショパンコンクール終了、一位は韓国人ピアニストのチョ・ソンジン

    第17回ショパンコンクール終了、一位は韓国人ピアニストのチョ・ソンジン

    Billboard JAPAN

    10/21

  • 調律に“我”は入れず、楽器の成長を見守りたい ピアノ調律師・越智晃<現代の肖像>

    調律に“我”は入れず、楽器の成長を見守りたい ピアノ調律師・越智晃<現代の肖像>

    AERA

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す