暴排条例から10年 社会から断絶された「ヤクザの子どもたち」の知られざる現実

ヤクザ

2021/11/13 12:00

 社会と暴力団との関係を断つことを目的とした暴力団排除(暴排)条例が47都道府県で施行されてから、今年で10年になる。暴力団の数は大幅に減少し、彼らを取り巻く環境は一層厳しくなった。一方で、暴力団が社会から断絶されることにより、その背後にいる妻や子どもたちなど“家族”の姿もまた見えづらくなっている。暴力団の家庭に生まれた子どもたちに焦点を当てた「ヤクザ・チルドレン」(太洋図書)を出版したノンフィクション作家の石井光太氏に、「ヤクザの子ども」の知られざる実態を聞いた。

あわせて読みたい

  • 暴力団員「われわれに人権はないのか」ヤクザのリアル描いた映画

    暴力団員「われわれに人権はないのか」ヤクザのリアル描いた映画

    AERA

    1/22

    ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。

    ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。

    週刊朝日

    10/3

  • ヤクザと憲法「暴排条例」は何を守るのか

    ヤクザと憲法「暴排条例」は何を守るのか

    週刊朝日

    2/10

    教養としてのヤクザ

    教養としてのヤクザ

    週刊朝日

    11/28

  • 神戸山口組が内紛で落日  コロナで幹部もしのぎで苦戦し、六代目山口組へ移籍も

    神戸山口組が内紛で落日  コロナで幹部もしのぎで苦戦し、六代目山口組へ移籍も

    週刊朝日

    8/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す