子ども1人10万円給付、大学無償化…「子育て・教育」に本気で取り組む政党は? 衆院選公約を独自採点

衆議院選挙

2021/10/29 08:00

 いま日本で大きな課題になっているのは、子育てや教育にかかる負担の大きさだ。衆院選での各党の公約を見ると、こうした課題に向き合う政策が多く並ぶ。その中身を検証すると、「子育て世帯に寄り添う」政策もあれば、「中身がスカスカ」と指摘される政策も。各党が公約に掲げる政策の魅力や実現度を専門家に採点してもらうとともに、AERA dot.が独自に入手した政府内での政策評価を紹介する。

あわせて読みたい

  • 安倍・自民党の幼児教育無償化 保育の専門家たちが「ちがうだろーー」

    安倍・自民党の幼児教育無償化 保育の専門家たちが「ちがうだろーー」

    dot.

    10/12

    子どもの貧困放置で「経済損失50兆円、財政負担20兆円」

    子どもの貧困放置で「経済損失50兆円、財政負担20兆円」

    AERA

    7/1

  • 所得税ゼロ、マイナポイント3万円…衆院選の各党公約を分析した政府資料を独自入手 実現可能な政策は?

    所得税ゼロ、マイナポイント3万円…衆院選の各党公約を分析した政府資料を独自入手 実現可能な政策は?

    dot.

    10/28

    人生格差を拡大しかねない教育無償化ブームの本末転倒

    人生格差を拡大しかねない教育無償化ブームの本末転倒

    ダイヤモンド・オンライン

    4/17

  • 「18歳以下10万円給付」に格差問題の専門家「子持ちの正社員・子なしの非正規間の格差がさらに広がる」

    「18歳以下10万円給付」に格差問題の専門家「子持ちの正社員・子なしの非正規間の格差がさらに広がる」

    dot.

    11/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す