目からうろこ!ワコールの教えが形成外科医の常識を変えた 乳がん患者の「乳房再建手術」が画期的に進化

がん

2021/10/18 09:00

 女性のがんでもっとも多い乳がん。女性がん患者の約5人に1人が乳がんを患っている。実は筆者の妻もその1人で、近々、乳房全体を取り去る手術を行う予定だ。女性にとって乳房を失うことは精神的にも、生活の質(QOL=Quality of life)の面でも大きな負担をともなう。そのため、患者によっては「乳房再建」手術を選択する。いま、公益財団法人がん研究会有明病院(以下、がん研有明病院)と大手下着メーカー・ワコールがタッグを組み、よりよい乳房再建を目指した共同研究が進んでいる。同院で数多くの乳房再建手術を手がけてきた矢野智之形成外科部長に話を聞くと、これまでとはまったく異なる、画期的な乳房再建への道筋が見えてきた。

あわせて読みたい

  • 乳がん かたちのいい乳房を作る再建技術が進歩

    乳がん かたちのいい乳房を作る再建技術が進歩

    週刊朝日

    12/24

    「こんなはずじゃなかった」と怒る患者も… 乳がん手術後の乳房再建の現状

    「こんなはずじゃなかった」と怒る患者も… 乳がん手術後の乳房再建の現状

    週刊朝日

    1/17

  • 進化する乳房再建「胸の感覚鈍ったが、美的には満足」

    進化する乳房再建「胸の感覚鈍ったが、美的には満足」

    AERA

    7/17

    「おわん形」も「しずく形」もOK 「乳房再建」が保険適用スタートで増加中

    「おわん形」も「しずく形」もOK 「乳房再建」が保険適用スタートで増加中

    週刊朝日

    10/17

  • アンジーが行った乳房切除 日本での再建費用はいくら?

    アンジーが行った乳房切除 日本での再建費用はいくら?

    AERA

    5/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す