総裁選出馬の高市早苗氏のネット人気が急上昇 「軍師」には安倍前首相、櫻井よしこ氏も

2021/09/17 21:43

高市早苗氏と安倍晋三氏(C)朝日新聞社
高市早苗氏と安倍晋三氏(C)朝日新聞社
 自民党総裁選が9月17日、告示され、河野太郎ワクチン担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4人が立候補した。女性の候補者が2人というのは、総裁選史上、はじめてのことだ。

【写真】高市早苗氏と櫻井よしこ氏の2連ポスターはこちら

 当初、下馬評では「大本命」だった河野氏だが、土壇場で野田氏が推薦人をそろえて出馬。総裁レースは混とんとしてきた。

「ネットだけなら、高市氏でしょうね」

 こう話すのは、自民党の閣僚経験者だ。出馬表明の動画の再生回数に至っては、岸田氏が3万回、河野氏が22万回のところ、高市氏は211万回と圧倒的な数字だった。(9月15日現在)

 総裁選の演説会がテレビなどで放送が始まった17日午後、ツイッターでは「#自民党総裁選」、「#高市早苗さんを支持します」がトレンド入りした。

 河野氏のツイッター・フォロワーが242・2万人。安倍晋三前首相の227・9万人を上回り、政治家でもトップクラスだ。総裁選に向けて開設したアカウントでもすでに15・6万人のフォロワーがいる。

 一方、ネットでは河野氏に肉薄する高市氏の総裁選用のアカウントは9・3万人のフォロワーだ。高市氏支援の国会議員は分析する。

「高市氏は総裁選の出馬会見なのに靖国神社参拝を断言し、中国との関係に言及するなど保守層に強く訴える戦略です。いわば、安倍政治継承を全面に打ちだした結果、高市人気につながっているのでないか。出陣式でも議員と代理の秘書で90人が集まった。これは議員票が90票という裏付けにもなる」

 高市氏も総裁選の推薦人名簿には、古屋圭司衆院議員が選挙責任者、参院議員の山谷えり子氏などが名前を連ねるなど保守色が強いことがうかがえる。また推薦人は清和会から7人、竹下派2人、二階派5人、無派閥6人。安倍氏の清和会だけではなく、幅広く集っていることも、手応えにつながっている。

 永田町でも高市氏が本命・河野氏、対抗・岸田氏の間に割って入るのではないのかという見方も広がっている。

 

NEXT

安倍氏の電話がプレッシャー?

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「アベノフォン」で高市早苗氏が2位に浮上、安倍院政も 霞が関が最も嫌がる総理は?

    「アベノフォン」で高市早苗氏が2位に浮上、安倍院政も 霞が関が最も嫌がる総理は?

    dot.

    9/24

    河野太郎氏が総裁選票読みで伸び悩み決選投票へ 自民党支持率が回復し、まさかの大逆転劇も

    河野太郎氏が総裁選票読みで伸び悩み決選投票へ 自民党支持率が回復し、まさかの大逆転劇も

    dot.

    9/27

  • 石破氏の不出馬で”神風”?野田聖子氏が総裁選出馬へ「河野氏の圧勝から岸田氏と接戦になる」自民党幹部

    石破氏の不出馬で”神風”?野田聖子氏が総裁選出馬へ「河野氏の圧勝から岸田氏と接戦になる」自民党幹部

    dot.

    9/15

    河野陣営から“塩対応”、石破氏も不出馬情報でキングメーカー・二階幹事長が迷走

    河野陣営から“塩対応”、石破氏も不出馬情報でキングメーカー・二階幹事長が迷走

    dot.

    9/13

  • 高市氏支援のアベノフォン鳴らず、”小石河連合”包囲網で逆転劇「議員票星取表」入手

    高市氏支援のアベノフォン鳴らず、”小石河連合”包囲網で逆転劇「議員票星取表」入手

    dot.

    9/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す