大阪の交番襲撃 懲役12年の実刑下った35歳の男は犯行直前、出会い系サイトにアクセス

2021/08/11 16:05

 2019年6月、大阪府吹田市の交番で警察官を包丁で襲撃し、重傷を負わせて拳銃を奪った飯森裕次郎被告(35)の裁判員裁判が8月10日、行われた。大阪地裁は強盗殺人未遂罪などに問われた飯森被告に対し、懲役12年(求刑・懲役13年)の実刑判決を言い渡した。

あわせて読みたい

  • 大阪・交番襲撃事件の初公判 メッタ刺しにされた警官が語った「左胸に刺さった包丁の柄」

    大阪・交番襲撃事件の初公判 メッタ刺しにされた警官が語った「左胸に刺さった包丁の柄」

    dot.

    7/19

    警官襲撃の飯森容疑者は過去、海上自衛隊に所属 父親の関西テレビ常務謝罪コメント全文

    警官襲撃の飯森容疑者は過去、海上自衛隊に所属 父親の関西テレビ常務謝罪コメント全文

    週刊朝日

    6/17

  • 前触れなく発症か 相模原殺人容疑者の“精神疾患”

    前触れなく発症か 相模原殺人容疑者の“精神疾患”

    週刊朝日

    8/4

    宅間守はなぜ自ら入院したのか?

    宅間守はなぜ自ら入院したのか?

    週刊朝日

    6/25

  • 飯森容疑者が箕面市の山中で逮捕された瞬間を目撃者が語る 「警官7人に囲まれ、フードを被っていた」

    飯森容疑者が箕面市の山中で逮捕された瞬間を目撃者が語る 「警官7人に囲まれ、フードを被っていた」

    週刊朝日

    6/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す