「ワクチン打たず、感染したらボーナス減、労災認定なし」と上司がハラスメント 職場接種で感じるモヤモヤ 

2021/06/23 12:10

 厚生労働省はホームページ上で、「新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします」と明記。職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口も紹介している。

 ワクチン接種について間違った認識をしている人も見られる。SNS、ネット上では、「うちの上司はワクチンを打ったという理由でまったくマスクをしなくなり、狭い部屋でも大声で話している。ワクチンが万能だと思っているのかな…」、「高齢者の集団が喫茶店でマスクをしないで、『ワクチンを接種したからもう大丈夫』と大盛り上がりしていた。本当に迷惑です」などの書き込みが見られた。

 ワクチンを接種したからといってコロナ感染、発症する可能性がゼロになるわけではない。人が集まった密室ではマスクをして、大声での会話を避けるなどの配慮が必要だろう。(牧忠則)

1 2

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す