更年期障害が「人が変わったよう」に落ち着き、劇的に効くホルモン補充療法

ヘルス

2021/06/11 10:00

 ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、疲れやすい、めまい、動悸、眠れない、イライラ、憂うつ……。更年期にこうしたさまざまな身体的、精神的症状が表れ、日常生活に支障をきたす状態を更年期障害という。更年期障害の治療の中心は、ホルモン補充療法だが、日本での普及率は低い。その原因の一つが、乳がんの発症率を高めるといったホルモン補充療法を受けることでのリスクだ。近年はそのデメリットが、解消されつつある。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す