東京五輪のせいで祝日が変更 7月・8月・10月のカレンダーは要注意! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京五輪のせいで祝日が変更 7月・8月・10月のカレンダーは要注意!

写真はイメージ(GettyImages)

写真はイメージ(GettyImages)

 6月に入ったばかりで、カレンダーを1枚めくったところかもしれないが、もう1枚めくって7月を見てほしい。

「2021年の祝日の確定がカレンダー納品までに間に合いませんでした。確認はしていませんが、ほぼ全てのカレンダーが変更前の祝日になっています」

 とは、企業向けカレンダーの印刷を請け負っている図書印刷株式会社の担当者。東京オリンピック・パラリンピックの延期が実はカレンダーにも影響している。

 注意しなければならないのは以下の3日。手元のカレンダーを確認して欲しい。

(1)7月19日(月)が「海の日」
(2)8月11日(水)が「山の日」
(3)10月11日(月)が「スポーツの日」

 前出のカレンダー印刷の担当者が話すように(1)から(3)が変更される前の祝日のままで日にちが赤文字になっているカレンダーがほとんどだ。

 2021年の実際の祝日は以下の通り。

■海の日(7月第3月曜)→7月22日(木):五輪開催式前日
■スポーツの日(10月第2月曜)→7月23日(金):五輪開催式当日
■山の日(8月11日)→8月8日(日):五輪閉会式当日
■10月は祝日がなし→スポーツの日が五輪開会式に移動したため

 この話題は、今年の初めにも注意を促す知らせを目にした人もいるかもしれないが、いまだに徹底されていないことも多いようだ。紙のカレンダーだけでなく、スマートフォンに内蔵されているカレンダーも同様に祝日の変更がされていないものもある。

 祝日の変更の周知がイマイチで、こんなことも……。

「毎月1回歯科医院に定期的に診てもらっていますが、歯科医院の受付のカレンダー、自分の手帳を見合わせて来月7月の予約を22日に入れてしまいました。帰宅途中に歯科医院から携帯電話に連絡があり、“祝日に予約を入れてしまいました!”と。初め、何のことかさっぱりわからなくて……歯科医院の受付の方は平謝りでした」(30代女性)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい