同期俳優がみた田村正和さんの素顔 最後のドラマでこぼした「そろそろ限界かな」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

同期俳優がみた田村正和さんの素顔 最後のドラマでこぼした「そろそろ限界かな」

田村正和さん(C)朝日新聞社

田村正和さん(C)朝日新聞社

 18日、俳優の田村正和さんが4月3日午後4時20分に、心不全のため都内の病院で亡くなっていたことがわかった。77歳だった。

【写真】昨年急逝した人気俳優も「田村正和さんのようになりたい」と語っていた

 田村さんは昭和の時代劇スター・故阪東妻三郎さんの三男として生まれた。兄の故田村高廣さん、弟の田村亮さんも俳優という役者一家だった。

 デビューは高校在学中に出演した映画「永遠の人」。1972年に出演した時代劇「眠狂四郎」で人気に火がつき、80年代以降は「ニューヨーク恋物語」などのトレンディードラマに出演する一方、「うちの子にかぎって…」「パパはニュースキャスター」などのホームドラマではコミカルな演技で新境地を開いた。94年から放送された「古畑任三郎」ではとぼけた刑事役が当たり役となり、10年以上にわたって演じ続け、代表作となった。

 デビューが同期だという俳優の岡崎二朗さん(77)は田村さんとの思い出をこう振り返る。

「当時は映画黄金期で、松竹は田村正和、竹脇無我、東宝が黒沢年雄、日活は渡哲也、東映が私とそれぞれ代表的な俳優がいて、よく比較もされました。この5人はパーティーでもよく会っていましたね。ブロマイドの売り上げは私が一番だった時もあって、田村さんは私の名前を呼びながら、よく走って近寄ってきたくれたものです。若いころの彼はアメリカの俳優のジェームズ・ディーンに憧れていて、演技もディーン路線でした」

 岡崎さんは田村さんの兄弟とも交流があるという。

「兄の高廣さんはしぶい演技をする名脇役の俳優でした。『兵隊やくざ』シリーズで勝新太郎さんとのコンビが人気で、65年にはブルーリボン賞助演男優賞を受賞しました。その頃、父親の阪東妻三郎の名前を継ぎたがっていましたが、周囲の反対にあってできなかったことを覚えています。弟の亮さんとは数年前に、久しぶりに共演しました。亮さんはヤクザの親分役でしたが、いい感じの役者さんになっていました。今でも元気ですよ」

 2010年以降は仕事をセーブし、1年に1、2本のペースで「忠臣蔵」や松本清張原作のドラマなどに絞っていた田村さん。2年前には女性週刊誌の取材で、心臓手術をしたことも明かしていた。結局、18年のスペシャルドラマ「眠狂四郎 The Final」が最後のドラマ出演となった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい