「雅子さまの頭にティアラがない!」皇室追っかけ主婦はコロナ禍でも激写【即位2年】 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「雅子さまの頭にティアラがない!」皇室追っかけ主婦はコロナ禍でも激写【即位2年】

気品あふれる……天皇陛下の隣で手を振る雅子さま(白滝富美子さん撮影)

気品あふれる……天皇陛下の隣で手を振る雅子さま(白滝富美子さん撮影)

「ティアラがない!」雅子さまの貴重なショット(白滝富美子さん撮影)

「ティアラがない!」雅子さまの貴重なショット(白滝富美子さん撮影)

 5月1日で、天皇、皇后両陛下のご即位から丸2年を迎える。雅子さまの新皇后としての2年間をどう過ごされたのか。天皇ご一家や皇族の姿をカメラに収め続ける「追っかけ主婦」たちは、貴重な瞬間をとらえていた。2人の追っかけ主婦の写真とエピソードを紹介する。

【写真特集】ティアラがない!追っかけ主婦が激写した皇室の貴重ショット10枚はこちら
*  *  *
 今年1月1日の元旦の「新年祝賀の儀」の当日、追っかけ歴28年の白滝富美子さん(80)がカメラのファインダーをのぞいて雅子さまの大きな変化に気づいた。

「例年なら、雅子さまはティアラをつけて、皇居に挨拶に入るんです。今年もそれを狙っていました。だけど、『雅子さまの頭にティアラがない』と追っかけのみんなが騒ぎ出したんです」

 神奈川県在住の白滝さん。この日は、午前5時過ぎの始発電車に乗り、午前5時半に皇居の門のある地下鉄半蔵門駅に到着。朝一番の電車に乗って張り込んだのにガッカリ。とはいえ、例年とは違う装いの雅子さまもしっかりカメラに収めた。

「警備の人は『今は新型コロナ対応で、華美なものは控えているのでしょう』と言ってました。コロナで飲食店が時短営業を余儀なくされ、職がなくて困っている人がたくさんいるから、国民をおもんぱかってキラキラしたティアラをつけなかったんでしょうね。振り返れば、今年に入ってからは洋服も白、紺などで地味でした」(白滝さん)

 コロナ禍で国民に寄り添う姿勢を見せた雅子さま。図らずも、追っかけ主婦の一枚の写真が雅子さまの皇后として存在感を証明することになった。

 雅子さまを婚約時代からひたすら追いかけ続けている主婦たち。時代が令和に代わっても、コロナ禍で活動が制限されても、出来る範囲で雅子さまの姿を収めてきた。

 千葉県在住の主婦・吉田比佐さんは、雅子さまの追っかけ歴28年間。1993年6月のご成婚から雅子さまを追い、写真を撮るようになった。

 雅子さまは結婚後しばらくして、適応障害で療養されていたために、公務を休みがちになった。その時には追っかけも”休業”していたという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい