「徳川秀忠」安定の手腕 律儀すぎると酷評された三男が、なぜ将軍職を継げたのか?

歴史道

2021/05/07 08:00

 150年におよぶ戦乱の世に終止符を打ち、慶長8年(1603)、幕府を開いた徳川家康。そして、父・家康がつけた道筋を愚直なまでに継承した二代・秀忠。武断政治を進め幕府の支配をさらに強化した三代・家光。週刊朝日ムック『歴史道 vol. 14』では、「徳川300年の泰平」と謳われた時代の礎はいかにして築かれたのかを特集。ここでは「秀忠」を解き明かす。

あわせて読みたい

  • 母との別離、人質生活…労苦を重ねた「徳川家康」 天下人に上りつめた乱世の勝利者

    母との別離、人質生活…労苦を重ねた「徳川家康」 天下人に上りつめた乱世の勝利者

    dot.

    5/5

    関ヶ原の決戦前後に繰り広げられた全国の「局地戦」 真田昌幸・幸村が知略を駆使した戦いとは?

    関ヶ原の決戦前後に繰り広げられた全国の「局地戦」 真田昌幸・幸村が知略を駆使した戦いとは?

    dot.

    1/3

  • その名は秀康…家康と秀吉を“父”に持つ「不遇な名将」が残した鎧兜

    その名は秀康…家康と秀吉を“父”に持つ「不遇な名将」が残した鎧兜

    dot.

    6/11

    「徳川家康の死因は天ぷらの食べ過ぎ」じゃなかった!? 現代の医師が診断
    筆者の顔写真

    早川智

    「徳川家康の死因は天ぷらの食べ過ぎ」じゃなかった!? 現代の医師が診断

    dot.

    8/31

  • 現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    現代に伝わる石田三成の宝刀、米国から戻った秀吉からの鎧兜

    週刊朝日

    9/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す