抗がん剤は「悪」? 本当にやっていいの? がん専門医の答えは

いい病院

2021/05/08 10:00

 副作用がつらく、治療が苦しいというイメージの強い薬物療法ですが、現在は治療の選択肢が広がっています。『手術数でわかる いい病院2021』(朝日新聞出版)で、「抗がん剤は悪と言われているけど、本当にやっていいの?」「副作用に苦しんでまで治療をしたほうがいいの?」「脱毛や吐き気があると聞くけど、ほかにどんな副作用があるの?」「新しく開発された薬のほうが効くの?」という四つの疑問を、がんの専門医に聞いてみました。

あわせて読みたい

  • 切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    週刊朝日

    9/14

    がん細胞分子狙い撃ちで副作用も軽減 新しい抗がん剤「分子標的薬」

    がん細胞分子狙い撃ちで副作用も軽減 新しい抗がん剤「分子標的薬」

    週刊朝日

    3/31

  • 医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    dot.

    6/19

    子宮頸がんは放射線治療で治せる? 進行期によっては手術と同等の効果

    子宮頸がんは放射線治療で治せる? 進行期によっては手術と同等の効果

    dot.

    5/12

  • 事前検査で「乳がん」は4つのタイプに 事前薬物療法で効果あるケースも

    事前検査で「乳がん」は4つのタイプに 事前薬物療法で効果あるケースも

    週刊朝日

    10/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す