原作と翻訳版でこんなに違う 日本文学の英訳版、おすすめは?

AERA English

2021/04/24 16:00


 村上春樹を代表に、いま、日本の文学が世界で人気だ。そんな日本文学の英語版は、日本人が読んでも楽しめるのだという。現在発売中の『AERA English 2021 Spring & Summer』(朝日新聞出版)では、翻訳文学研究者に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 柳美里、小川洋子、川上未映子…日本の女性作家が海外で評価される理由

    柳美里、小川洋子、川上未映子…日本の女性作家が海外で評価される理由

    dot.

    4/23

    村上春樹の「やれやれ」を英訳すると…? 村上ワールド翻訳の舞台裏

    村上春樹の「やれやれ」を英訳すると…? 村上ワールド翻訳の舞台裏

    AERA

    1/7

  • 「全集中」はどう訳す? 安河内哲也流・マンガ&アニメで英語を学ぶ方法

    「全集中」はどう訳す? 安河内哲也流・マンガ&アニメで英語を学ぶ方法

    dot.

    4/20

    きっかけは“トップオタ”…翻訳家・鴻巣友季子と『風と共に去りぬ』の出合い

    きっかけは“トップオタ”…翻訳家・鴻巣友季子と『風と共に去りぬ』の出合い

    週刊朝日

    8/26

  • 村上春樹が猫から学んだ「人生をしのぐための術」とは?
    筆者の顔写真

    延江浩

    村上春樹が猫から学んだ「人生をしのぐための術」とは?

    週刊朝日

    12/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す