指揮官の“低い評価”のワケは… 巨人・吉川尚輝が本格ブレークする日は来るのか (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

指揮官の“低い評価”のワケは… 巨人・吉川尚輝が本格ブレークする日は来るのか

dot.sportsdot.
期待されながら定位置を掴めないでいる吉川尚輝 (c)朝日新聞社

期待されながら定位置を掴めないでいる吉川尚輝 (c)朝日新聞社

 正二塁手として期待されながら、出遅れた感もあった巨人の吉川尚輝。チームを襲ったピンチにより“予想外”の出番が増えているが、チャンスを生かしきれていない状況が続いている。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

「はっきり分かったのは今日ですね。最善を尽くしてやっている中でね、まぁ、どういう状況になってもやっぱり我々は前を向いて戦うというね」(巨人・原辰徳監督)

 シーズン序盤、巨人に非常事態がやってきた。丸佳浩、中島宏之、若林晃弘、ゼラス・ウィーラーが新型コロナウイルスに感染。その他の選手、関係者にも濃厚接触者の可能性があるということで対応に追われた。

「痛手なのは間違いない。感染した選手には早く良くなって戻って来て欲しい。しかし二軍から育成まで、全選手にチャンスがあるということでもある。一軍のレギュラーを目指し切磋琢磨すれば、チーム力の底上げにもなる。吉川は一軍での実績もあるので、頑張って欲しい」(巨人関係者)

 開幕早々に予期せぬ事態が3連覇を目指すチームを襲ったが、ピンチはチャンスにもなる。吉川にとってはレギュラー奪取の千載一遇の機会でもある。期待されながら、毎年のように故障などで定位置奪取まで行かず、今年も控え選手という位置付けからのスタートだった。だが、思いがけない形でアピールの場が増えそうだ。

 16年ドラフト1位で中京学院大から巨人に入団。大学4年時には大学日本代表にも選出され、同大学史上初のドラ1選手としても話題になった。スピードを生かしたプレースタイルが武器で、長年チームの課題でもある二塁手のレギュラー不在にピリオドを打つと期待された。

「身体能力の高さはもちろん、印象に残るプレーをする。1年目の最終戦、スタメンで一軍初出場を果たすと3安打猛打賞。2年目は松坂からプロ初本塁打。節目で大きなことをやってのけ、その度に驚かされた。しかし攻撃的なプレースタイルの影響なのか、故障が多いのだけが心配だった」(巨人関係者)

 2年目の18年は、開幕戦から2番・ニ塁手で先発出場を果たす。5月13日の中日戦(東京ドーム)で松坂大輔(現西武)からプロ初本塁打を放つなど、存在感を発揮。坂本勇人が離脱した際には遊撃手も任されるほど信頼は厚かった。しかし夏場に一塁へのヘッドスライディングで左手支柱骨を骨折、フェニックスリーグでの復帰まで時間を要した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい