「胃が縮み痩せる」今は昔 負担が少なくなった食道がん手術を専門医が解説

がん

2021/04/20 17:00

 年間約2万5千人が罹患する食道がん。I期の治療では、化学放射線療法か外科手術のいずれかを選べる。II期・III期では術前化学療法後に外科手術をするのが標準だ。近年は胸腔鏡手術が主流となり、入院期間は大幅に短くなった。合併症も減少傾向にある。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す